読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「アニメ力」を鍛える

自由気ままに書いていきます。アニメの話が多くなると思います。愚痴もこぼすと思います。

「想いよひとつになれ」

スポンサーリンク

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours First LoveLive! ~Step! ZERO to ONE~での「想いよひとつになれ」。

このライブにおいて、この場面を忘れられる人はいないのかと思います。本当、この場にいられたことをすごく感謝しています。

ちょっとなぶりが気になってしまいますけど、今の気持ちをそのまま書いておこうと思います。

1日目

これはね・・・・本当びっくりした。

未熟Dreamerが終わって、舞台はリアルに花火が散っていて、その場面に「はぁ~すげーな。」って感心していたら、その舞台にはいつの間にかグランドピアノが登場していて。そこに向かって上がっていく逢田さん。

すぐに何の曲をやるのかは理解できました。・・・・・が!!グランドピアノが・・・・本当のピアノが登場しているのは、この後に起こることの予想と今までの現実ラインから何が起ころうとしているのかの予測が一致しなくて理解が追い付いてていませんでした。

そんな理解が追い付いていない状況で、逢田さんは不安そうな面持ちでピアノの横で深々と一礼をしてピアノに座って・・・その時の自分の気持ちは

「えっ?!マジで弾くの?パフォーマンスじゃなくて?!」

って感じていました。

 

そして伊波さんの歌声から始まった「想いよひとつになれ」。

ピアノの音のところになって、当然ピアノの音が出て・・・・

「弾いた!!!!」

本当に度肝を抜かれました。グリッサンドの部分で「これ、完全に弾いてる!!マジか!!マジかよ!!!」ってめちゃめちゃ驚いてめっちゃ感動しました。ピアノの端にもカメラが付いてて、弾いている姿がモニターに映し出されていたんですけど、ずっとそこに目が釘付けでした。

まさか弾くとは思わないじゃん?本当にびっくりしました。

そして最後まで弾ききって、最後にみんなでのポーズ。アニメでは「8人+別舞台」という構成だったし、曲だって

表題曲「想いよひとつになれ」は、テレビアニメ第11話の挿入歌。ストーリーの展開により桜内梨子が参加せず、8人による歌唱。センターは高海千歌渡辺曜が担当。「君のこころは輝いてるかい?」以来のダブルセンターとなっている。(Wikipediaより

ってなっているんですよ。

まさか、「9人でのパフォーマンスが見れるとは」ってめちゃめちゃ感動でした。

 

2日目

前日のセトリと同じで、未熟Dreamerからの「想いよひとつになれ」。

昨日の感動が再び・・・・って思っていました。でも、その予想ははるかに大きく裏切られましたね。いい意味で。

前日と同じようにピアノの横に立って、深々とお辞儀をして。そして席に座って。その時にカメラに抜かれている伊波さんが逢田さんを下から見つめている映像が目に焼き付いて離れません。

その後のことはみんなもご存じのとおり。

あの音楽が止まった瞬間、何が起こったのか理解できませんでした。ぼーぜんとしていました。で、そのあとですよ。伊波さんが階段を駆け上がって逢田さんのところに駆け寄ったのは。あれはね、今思い出すだけでもすごいと思う。階段を2段飛ばしで駆け上がって駆け付けて。緊張感すごかった。ようやく状況が理解できました。

そのあとには逢田さんが「ごめんなさい・・・ごめんなさい」っていう声がマイクに乗って聞こえてきて、もう自分のことのように胸が苦しくなりました。自分が苦しくなるぐらいだから逢田さんはもっともっと苦しかったんだと思います。実際、モニターに映った姿は過呼吸気味にも見えました。その苦しい状況をいち早く感じて駆け寄った伊波さんは本当にすごいと思う。

そのあとは諏訪さんに鈴木さんも駆け寄ってきて「大丈夫。大丈夫だよ!」って声をかけて逢田さんを落ち着かせて。

一気に涙があふれてきました。こんなことを言ってしまうと失礼なんだけど、大感動でした。ああやって支えてくれる仲間がいるっていうのがすごくまぶしく見えたし、うらやましく見えたし。すごい絆を感じました。舞台下にいたメンバーも、ずっと逢田さんのことを見つめていたのを覚えています。

あの場面は忘れられない。

その後、会場からも「梨香子」コールが飛び交って、一気にピンクに広がって。

正直なところ梨香子コールについては「これ、もっと緊張しちゃうんじゃ・・・・」って感じはしたのですが、何かを届けたい・・・って想いから自然と声を出してしまっていました。

自分も過去にピアノをやっていたこととかあるんだけど、演奏間違えて立て直すのって並大抵のことじゃないって感じています。1万人以上の観客の前で間違えて、曲を止めてしまって。そんな状況でさらに声援をもらっちゃったら自分だったらもう演奏が怖くなってしまう・・・・そう感じていました。

そんなことを感じながら見守っていると演奏再開しそうな雰囲気。

「えっ・・・弾くの・・・弾ける状態なの・・・・?」

って思って見ていると・・・・

弾いた!!

もうねー、ピアノの音が出てきたときも感動したけど、導入のグリッサンドの部分。モニターがそこを綺麗に映していて、あそこまで弾き切ったのを見たらもう涙で何も見えなくなりましたよ。めちゃめちゃ感動。そのあともずっと逢田さんだけを見ていましたが、迫力がすごかった。鬼気迫る感じで、「がんばれ!がんばれ!!!」って。それしか考えることができませんでした。

そして最後の一音を出した時・・・・・崩れましたわ。立っているのが精いっぱいで後ろにあるポールに手をかけてました。声にならない声を・・・・嗚咽を漏らして泣きながら声援を送っていました。なんてしゃべっていたのかわかりません。とにかく何か声を出していたと思います。

曲名どおり、本当にキャストや観客も含めて「想いよがひとつになった」時間だったと思います。

 

信じられない光景を目にしました

2日目は本当すごいかった。なんか、感動っていうよりか、すごさのほうが大きかった。よくあの状況から持ち直したなと。よく弾き切ったなと。

1日目、2日目通してそれぞれ、違う種類ではあるけれど「想いよひとつになれ」。忘れられない曲になりました。

そのあとのMCとかでも、何事もなかったかのように「ゴメーン!!間違えちゃった!ゴメーン!!」ってめっちゃ軽く言っていて、この人マジすごいな・・・と泣きながらわらっちゃいましたww

やりきった逢田さんもすごいと思ったけど、そのMC中の伊波さんもすごいと思った。

「だって生だもん!」

(みたいなこと)を言っていて、その場の空気を一気に変えちゃった。あれは・・・・すごいよ。アニメを見ているのかのように現実で起こっていることなのか、アニメの中で起こっていることなのか区別がつかないぐらいシンクロしていた。

あれを目の当たりにできたのは本当に幸せだとつくづく感じる。

なんかうまく書けないけど、とにかくあの場に立ち会えたのはすごくよかったと思った出来事でした。

自分のつたない文章だといまいち感動が伝わらないかと思うのでこちらもあわせてどうぞww

winter1y.hatenablog.com

この文章読んでいるだけで泣けてきちゃいました。

それではー。

広告を非表示にする